A12T3-Share

 
4台のホストからのストレージの共有を可能とし、超高速処理を提供するストレージ
特長
▼Thunderbolt 3.0対応

A12T3-Share本体に、Thunderbolt 3.0(最大40Gbps)インターフェースを4ポート装備しており、4台までのホストとのダイレクト接続をサポートします。
A12T3-Shareは、HDや3D、4Kといった映像編集の他、3D CADや科学技術計算のシステムなど、従来のストレージでは満たすことのできない、高いI/Oパフォーマンスを求める環境で広くお使いいただけます。

▼Thunderbolt SAN(Storage Area Network)

A12T3-Share は、同時に4台のホストを接続し、A12T3-Share のボリュームを4台でシェアすることで、Thunderbolt SAN (SAN環境でご使用頂く場合には、別途SAN共有ソフト及びメタデーターコントローラーが必要になります。)の環境を構築することができます。
さらにA12ST3-Shareは、A12ST3-Shareを2台つなげて接続させることで、Thunderbolt SAN(※2)の構成を拡張し、8台のホストからA12ST3-Shareボリュームを共有する環境を構成することができます。

▼大容量ストレージ

A12T3-Share に8TB HDDを搭載することで、1台で最大96TBの大容量ストレージをご提供します。また拡張筐体を3台追加することで最大384TBの大容量を実現することができます。

▼製品仕様
【A12T3-Share前面と背面】

製品名 T-Share A12T3-Sahre
ホストインターフェース Thunderbolt 3.0 (40Gbps) ×4ポート
ホストチャンネル数 1Ch Single Controller
外形寸法 394mm (H) x 175mm (W) x 374mm (L) / タワー型
重量 約11.5kg(Diskなし)
キャッシュ 2G DDRIII 1866 with ECC-protected
ディスクインターフェース SAS / SATA
ドライブ数 最大12本
搭載可能HDD 3.5″ SATA :8TB、6TB、 4TB、2TB
(※SASディスクを搭載する場合は、別途お問い合わせ下さい。)
拡張性 3台のJBOD機を接続可能
RAIDレベル 0、1、5、6、1+0
機能 ・最大4つのアレイグループ、16のスライス、64のLUNをサポート
・最大256KBのストライプサイズをサポート
・RAIDの容量拡張
・オートリビルド
・Disk Lag Proof
・Equalization Mode
・ディスクスクラブ
・S.M.A.R.T.によるディスクの状態監視
管理用インターフェース ・RAID Guard X(Javaベース GUI)による管理操作
・LED indicator for disk drives status in front panel
・CLI(Command Line Interface)
障害通知 ブザー音、 e-mail通知、各種警告ランプの点灯
対応OS ・MAC: OS X (10.6、10.7、10.8、10.9、10.10、10.11)
付属品 ・電源ケーブル×2本
・コンソール用ケーブル×1本
・ラックマウントレールキット×1本
・CD-ROM(Driver及びManual)×1
動作環境 温度 0~40℃ 、湿度 5%~85%(結露が無いこと)
電源ユニット 400W x2(冗長化)
安全/電磁波に関する規格 RoHS, UL, CE, FCC, C-Tick, BSMI
標準製品保証 3年間のパーツ保証
(※付属のケーブルは1年)

カタログ: T-Shareリーフレット(0.5MB)

カタログ:T-Share A16T2-Shareの導入事例

その他ExaSAN製品のカタログはこちら

サービス・ソリューション

言語切り替え

  • English (United States)
  • 日本語

サービス・ソリューション

PAGETOP
Copyright © TID Limited All Rights Reserved.